PORTMEIRION ボタニックガーデン デミタスカップ&ソーサー画像

PORTMEIRION ボタニックガーデン デミタスカップ&ソーサー

商品説明
イギリス、ポートメリオン社(Portmeirion)のデミタスカップ&ソーサーです。

社名の由来はウェールズ北部ドゥイリド河の河口に位置するポートメリオン・ヴィレッジ。
かつて小さな村落だったこの地域を開発したのがポートメリオン社の創業者の一人スーザン・ウィリアムスーエリス氏(Susan Williams-Ellis)の父親で建築家のクロフ・ウィリアムスーエリス氏(Clough Williams-Ellis)でした。

スーザン・ウィリアムスーエリス氏をデザイナーに据え、その夫のユアン・クーパーーウィリス氏(Euan Cooper-Willis)によって1960年に創業された同社は、半世紀以上変わらぬ熱意と創意をもってバリエーション豊かなコレクタブル・アイテムを世に送り続けています。

こちらのお品もコレクタブルとして人気の高いボタニック・ガーデン(The Botanic Garden)シリーズのテーブルウェアのひとつ。ポートメリオン社の顔といって差し支えない、同社を代表するシリーズです。
19世紀の植物図録・辞典から着想を得て製作されたボタニック・ガーデン最初のセットが1972年に発売されて以来、今日に至るまで40種以上のバリエーションで数多のテーブルウェアがリリースされています。

モチーフとなった植物は赤花瑠璃繁縷(あかばなるりはこべ)。古来よりヨーロッパ全域で民間医療や忌虫に利用されてきたハーブで、日本では通称「紅はこべ」としても知られています。
あるいは、同名のイギリス文学作品や、宝塚歌劇団の演目「スカーレット・ピンパーネル」を連想される方の方が多いかもしれませんね。

使用感がありますが、状態は良好。
モチーフ違いのデミタスカップ&ソーサー(no. h1007-1)も在庫がございます。


※サイズは全てmm表示となっています
※サイズ欄の C=カップ、S=ソーサーとなっています
※最大幅はカップの縁から取手の端までの長さです
商品カテゴリー
ショッピングカート
店舗メインサイトはこちら
家具・建具・什器はこちら
Copyright ©KIYA ANTIQUES ONLINESHOP All Rights Reserved.