ドイツ/ポーランド コーヒーカップ&ソーサー画像


※サイズは全てmm表示となっています
※サイズ欄は C=カップ、S=ソーサーとなっています
※最大幅はカップの縁から取手の端までの長さです

ドイツ/ポーランド コーヒーカップ&ソーサー

商品説明
ドイツ、クリスター製陶所のカップ&ソーサー。
生産されたのは20世紀前期、ディプレッション・エラ(大恐慌時代)~第二次大戦前後に作られたお品です。

重みのある磁器製で頑丈。つるりとした素朴な味わいがあります。
こちらのパターンに用いられている植物はヨーロッパに広く分布するナデシコの仲間で、同製陶所の意匠として長きに渡って採用され続けていたため、時代をまたぎ様々な製品にその姿を確認することが出来ます



…クリスター製陶所
19世紀~20世紀にかけてドイツ陶磁器の産地だったポーランドのヴァウブジフ(当時は炭鉱を有するドイツの産業都市ヴァルデンブルク)にあった陶磁器工房です。
ドイツ陶磁器産業の発展をけん引した大企業の一つで、一時は国内外の鉱山(主にカオリナイトや長石などの陶磁器材料を産出)を多数所有し、大衆向け磁器製品の生産規模に関してはドイツ国内に並ぶものが無いほどの規模だったそうです。
1920年代(大恐慌)以降徐々に独立操業が難しくなり、その後ローゼンタール社(Rosenthal)の傘下に入ります。
1971年、最終的にクリスタ―製陶所のブランドネーム(KPM)は失効しました。

商品カテゴリー
ショッピングカート
店舗メインサイトはこちら
家具・建具・什器はこちら
Copyright ©KIYA ANTIQUES ONLINESHOP All Rights Reserved.