イギリス ROYAL DOULTON ディケンズ・ウェア コレクターズプレート画像

イギリス ROYAL DOULTON ディケンズ・ウェア コレクターズプレート

商品説明
「ロイヤル・ドルトン」のブランドネームで知られるイギリスの銘窯ドルトン社によって20世紀初頭
に製造された飾り皿。

「ディケンズ・ウェア」の一つで、描かれているのはディケンズの著名な短編小説「オールド・キュリオシティ・ショップ」の主人公、”リトル・ネル”ことネル・トレント

古い物なので所々カマヒ(焼成時のムラ)があるほか、向かって左上にニュウがあります(画像参照)


…ディケンズ・ウェア
20世紀初頭を中心にイギリスのドルトン社が生産していたシリーズ。
読んで字の如くイギリスを代表する文豪チャールズ・ディケンズ(1812-1870)の手掛けた諸作品に登場するキャラクターが描かれた、一連のコレクタブル・アイテムです。
同時期にドルトン社以外の工房も各々のブランドネームでディケンズのコレクターズアイテムを生産しており、それらを包括して指す場合もあります。


…オールド・キュリオシティ・ショップ
1840~41年に連載・刊行された、チャールズ・ディケンズによる小説。
元々は分冊本(定期連載)として刊行されていた小説「ハンフリー氏の時計」の中での作中作(=作品の登場人物によって語られる物語)として書かれた短編でした。

時は19世紀前期、心優しく純粋な孫娘ネル・トレントと暮らす一人の老人。ロンドンで骨董屋(オールド・キュリオシティ・ショップ)を営む彼は、最愛の孫娘に財産を残すことに腐心するあまり、僅かな財産を賭博につぎ込んで身を持ち崩してしまいます。
物語では骨董店を失いロンドンから追い出された二人の逃避行と、彼らを取り巻く人々の善意と悪意が描かれていきます。

当作品は階級を問わず多くの人々の心をつかみ(ヴィクトリア女王も読んでいたそうです)、イギリスのみならずアメリカにまで購読層が広がりました。
当時アメリカ・ニューヨークでは「イギリス帰りの定期便や貨物船が寄港する度に、船乗りから結末を聞くため読者が港に集って来ていた」との逸話が残るほど人気があったそうです。

商品カテゴリー
ショッピングカート
店舗メインサイトはこちら
家具・建具・什器・大型照明ほか
当ショップ非掲載の在庫はこちら
Copyright ©KIYA ANTIQUES ONLINESHOP All Rights Reserved.